京都でいけばな♪ミライスカートと尼神インターがいけばなを体験

大覚寺カフェHOME
写経サークル「哲夫塾」 いけばなサークル「いけばなスカート」 ツイッターとインスタをはじめました
  • Twitter
  • instagram
大覚寺カフェご来店者様リスト 大覚寺 京都嵯峨芸術大学

京都でいけばな♪ミライスカートと尼神インターがいけばなを体験

京都を地盤に活躍中のアイドルグループ・ミライスカート。今回はリーダーのまりちゃんとれいにゃんのいけばなサークル「いけばなスカート」の活動の一貫として、2人が京都嵯峨芸術大学の華道の授業に出席し、そのあといけばな発祥の地・大覚寺を散策しました。加えて人気上昇中の女芸人コンビ・尼神インターの誠子と渚も参加。女子4人でいけばなに触れ、体験した様子をレポートします。

女子4人でいけばなに触れ、体験した様子をレポートします

華道の流派の一つ・いけばな発祥の地である大覚寺が母体の京都嵯峨芸術大学は、授業でいけばな嵯峨御流を学ぶことができる貴重な教育施設です。まりちゃん、れいにゃん、尼神インターの2人も、一流の講師からいけばな嵯峨御流の真髄を学ぶべくやってきました!

いけばな発祥の地である大覚寺が母体の京都嵯峨芸術大学

早速教室に入り同校の学生さんとともにいけばなを学びます。冒頭でまりちゃん、れいにゃん、誠子、渚がそれぞれ自己紹介を行うと、和やかな雰囲気の中で授業が始まりました。尼神インターの2人はいけばなは初めての体験とのことで、やや緊張気味でした。

まりちゃん、れいにゃん

それぞれ自己紹介

誠子、渚

講師はいけばな嵯峨御流の鷲尾先生です。実際に生ける前に、生け方や季節の花などの座学を学びます。先生によると体験当日の7月15日は日本の時候で中元の日にあたるとのことで、嵯峨御流ではこの日に生ける花がある、とお話されました。また生け方には「真(しん)」「行(ぎょう)」「草(そう)」の3つがあり、真は格式の高い場で生ける形、行は普段それぞれ生けるシチュエーションが異なる、といった講話に4人は真剣に耳を傾けていました。

生け方や季節の花などの座学を学びます

真剣に耳を傾けていました

続いて先生のデモンストレーションです。今回は朝鮮槇(ちょうせんまき)という小ぶりの枝ものが素材で、なんと花がありません。その5本の朝鮮槇を使い、同流派が唱える「用」「用添(ようぞえ)」「体の前添(たいのまえぞえ)」「体」「留」の5つの形に1本ずつ整えて生けていきます。授業後に先生が「ちょっとレベルが高かったかな」と仰っておられたように、4人にとってもハイレベルな実践になりそうな気配が教室に漂っていました。

続いて先生のデモンストレーションです

今回は朝鮮槇という小ぶりの枝ものが素材

そしていよいよ実践スタート。実はまりちゃん、れいにゃんのいけばな体験はこれで3回目。慣れた手つきでそれぞれの枝ぶりを品定めしながら、先生のお手本を見つつ着実に生けていきます。一方でいけばな初体験の尼神インターの2人はハサミの持ち方からあたふた。“一体どうやっていいのやら…”と心の声が聞こえてきそうなほど戸惑っていましたが、見かねた先生が「ハサミはね、こうやって持つのよ」と優しくレクチャーしてくれます。枝ぶりを先生と一緒に確認しつつ「“体”はコレにしよう」などと決めていくので、本人達も安心して生けることができました。

尼神インターの2人はハサミの持ち方からあたふた

見かねた先生が優しくレクチャー

まりちゃん、れいにゃんのいけばな体験はこれで3回目

慣れた手つきでそれぞれの枝ぶりを品定め

道具の使い方を教わり、ようやく枝を生け始めました。しかし丈の長いものがあれば短いものもあり、途中で枝分かれしていれば枝の太いものもありと、適材適所で使うための素材選びに4人とも大苦戦。「枝がめっちゃ硬い!」「(剣山に素材が)刺さらない!」などと四苦八苦しながら、それでも何とか生けると先生が生徒の机を見回りながら最終チェックをしていきます。

「上出来! でもちょっとだけ直していい?」と声をかけられた渚

「上出来! でもちょっとだけ直していい?」と声をかけられた渚は、先生から素材の扱い方や生ける方法を細かく指導してもらうと、作品が見違えるほどの出来栄えに大変身。まりちゃんも「先生が太い枝で“留”をつくる上手な方法を教えてくれたんです! 私が生けると見本のようにはならなくて。でも先生に手直ししてもらうとすごく綺麗に整ったんですよ」と顔をほころばせていました。

自分の世界に没頭できました。漫才よりも集中できたかも!
何とか形になったから嬉しい

初めて生けた誠子は「いけばなのはずなのに花が1個もなくてびっくりした。いつもは突っ込まれたりブスとか言われるけど(笑)、今日はそういうタイミングもなくて、自分の世界に没頭できました。漫才よりも集中できたかも!」と新たな世界を体験できた様子。方や渚は「初めてにしては100点満点の出来やった。最初先生の言っていることが全然わからなかったけど、何とか形になったから嬉しい」と楽しめたようでした。

授業の後は鷲尾先生を囲んでトークタイム

授業の後は鷲尾先生を囲んでトークタイム。「私の生け方をちゃんと見ていてくれたから、さすがですね、皆さん上手に生けていましたよ」と先生からお褒めの言葉をもらった4人。特に誠子は「すごく面白かった!」と大喜びで、ほかの3人も授業をしっかり楽しめたよう。「またこのような授業があったらぜひやってみたい」と前向きに語っていました。

鷲尾先生の「作品を見れば生けた人がどんな性格かわかりますよ」との衝撃の発言にはみんな驚いた様子

また鷲尾先生の「作品を見れば生けた人がどんな性格かわかりますよ」との衝撃の発言にはみんな驚いた様子。「まりなちゃんはおおらかやね、れいなちゃんは割と繊細なところがあると思うよ」といった先生の鋭い性格診断には、それぞれ自身の意外な一面にドキッとする場面もあり、大いに盛り上がったひとときでした。

一行はいけばな嵯峨御流の聖地・大覚寺へ

授業を楽しんだ一行はいけばな嵯峨御流の聖地・大覚寺へ。まりちゃん、れいにゃんのエスコートで広大な敷地を散策しました。

まりちゃん、れいにゃんのエスコートで広大な敷地を散策

五大堂では茅の輪をくぐって健康を祈願しました

村雨の廊下や荘厳な御影堂を見て回ったほか、五大堂では茅の輪をくぐって健康を祈願しました。ちなみに茅の輪とは茅でできた大きな輪のことで、今から約1300年前より始まった日本の伝統行事。全国のお寺で行われているおなじみの風物詩ですが、大覚寺では開運厄除、身体健全を祈願して行われているそう。「茅の輪の前に立って一礼したあと左に回って茅の輪の前に立ち、一礼。次に右に回って茅の輪の前に立ち、再度一礼。最後にもう一度左から回り、茅の輪の前で一礼」とお寺のスタッフから正しいくぐり方を教わった誠子が、4人を代表してしっかりお祈りをすることができました。

その後は大覚寺のオリジナルお守り・花守りを手に持ってポーズ。いけばな嵯峨御流の家元ならではの、様々なお花の刺繍をあしらった可愛らしいお守りにみんな興味深々でした。お守りは誕生月によってモチーフが異なるとのことで、「れいにゃんはどれ?」「渚はヒマワリやな」などと、4人それぞれが自身の誕生月のお守りを手に盛りあがりました。

大覚寺のオリジナルお守り・花守りを手に持ってポーズ

かつて、お付きの者が主人を待つ場として使われていた「伴待」では、展示されたいけばなを鑑賞。華道の聖地で生けられた花々の美しい競演に4人とも圧倒された様子でした。

「伴待」では、展示されたいけばなを鑑賞

そして大沢池のほとりでは、写経を納めた塔・心経宝塔の壮大な佇まいに圧倒された誠子と渚。

写経を納めた塔・心経宝塔の壮大な佇まいに圧倒された誠子と渚

ふと宝塔の隣を見やった先には、8月に完成予定の蓮華殿の建設現場がありました。ここは法会やイベントに使用する施設となるそうです。平成30年は、大覚寺といけばな嵯峨御流の始祖・嵯峨天皇様が、当時大干ばつと疫病で苦しむ民を救うために般若心経を書写した、とされる年から丁度1200年にあたる“戊戌(ぼじゅつ)の年”ということで、大変重要な年。
そこで大工経験のある渚が「そんなに大切な施設なら私も何かやりたい!」ということで、スコップ片手に工事をお手伝い(!?)なんて場面も。

スコップ片手に工事をお手伝い(!?)なんて場面も

一仕事を終えた後は、壮大な竹林に囲まれて笹の葉の揺れる音に耳をすませたり、甲子園球場ほどの広さを誇る大沢池でほっこりしたりと華道の聖地を堪能、充実した散策となりました。特にミライスカートは今回のサークル活動を通じて、女性らしさや日本人ならではの奥ゆかしさを備えたアイドルとして、より一層磨きがかかりそうです!

壮大な竹林に囲まれて笹の葉の揺れる音に耳をすませる

甲子園球場ほどの広さを誇る大沢池

【ミライスカート】【和田ちゃん】

●いけばなを始めてみませんか?~いけばな発祥の地で学ぶ~
日本古来の伝統のいけばなである「いけばな嵯峨御流」
いけばな嵯峨御流HPはコチラ→ http://www.sagagoryu.gr.jp/


大覚寺カフェ 大覚寺カフェ
×