ミライスカート&ゆりやんが
京都で華道の授業を体験!

大覚寺カフェHOME
写経サークル「哲夫塾」 いけばなサークル「いけばなスカート」 ツイッターとインスタをはじめました
  • Twitter
  • instagram
大覚寺カフェご来店者様リスト 大覚寺 京都嵯峨芸術大学

ミライスカート&ゆりやんが
京都で華道の授業を体験!

今年4月、京都を代表する名刹のひとつ、大覚寺で行われた「華道祭」に参加したのが、人気アイドルグループ「ミライスカート」のメンバーたち。それぞれが華道はほぼ初めてという状態で、「いけばな嵯峨御流」を体験し、ムクムクと興味が湧いてきたようです。そこで今回、大学で実際に行われている華道の授業を受けてみようと、京都嵯峨芸術大学・京都嵯峨芸術大学短期大学部へとやってきました。こちらは来年4月に嵯峨美術大学・嵯峨美術短期大学へと校名が変更されるとのこと。

今回はミライスカートに加え、ゆりやんレトリィバァも参加!

今回はミライスカートに加え、ゆりやんレトリィバァも参加!

今回の参加メンバーは、リーダーのまりちゃんと、れいにゃん。しかし、二人だけでは少し心細いということで、人気上昇中の女芸人、ゆりやんレトリィバァに来てもらうことに。R-1グランプリファイナリストでもあるゆりやんと生粋のアイドル2人。どんな華道体験になるのでしょうか…。

さっそく華道の授業にチャレンジ!

さっそく華道の授業にチャレンジ!

早速、教室へ。3人は学生のみなさんといっしょに授業を受けるということで、自己紹介からスタートです。「ミライスカートミラー!」の声でまずミライスカートの2人からご挨拶。「今日は生花をやりたいと思って来ました」とまりちゃん。れいにゃんは「華道の授業があると聞いて来ました、でも、二人だけだと心もとないので、華道を好きになってくれそうな人を連れて来ました」とゆりやんを紹介します。

「佐々木希です〜」の自己紹介で笑い&拍手をゲットするゆりやん。

「佐々木希です〜」の自己紹介で笑い&拍手をゲットするゆりやん。畳み掛けるように「調子乗っちゃって〜」とギャグを連発します。その様子を見ていた先生、ゆりやんが席に着くとき「座れますか?」とツッコミを入れるなど、和やかな雰囲気の中、いよいよ授業が始まりました…。

真剣な面持ちで授業を受ける三人

真剣な面持ちで授業を受ける三人

まずは座学から。今日は花瓶に花を入れる、瓶花という生け方を勉強します。花には力強いものや細いもの、垂れ下がっているものなど、様々な形があり、その枝ぶりの特徴を生かして収めるのが瓶花ということ、花をしっかりと留める方法、中国から華道が伝わってきたというエピソードなどが話されます。

続いて先生の実演

続いて先生の実演。ハサミを使って、花を美しく、スピーディにカットしていきます。今回学ぶ丁字留などは黒板に絵を書いてわかりやすく説明。3人も真剣に聞き入っています。

ミライスカートの2人も真剣な表情で花を切っていきます

そしていよいよ実技がスタート。まずは花瓶に水を入れるところから。続いて、体(たい)と呼ばれるメインの花、黄素馨(きそけい)を手に取ります。「花を広げて、右勝手、左勝手、枝ぶりをよく見てください」と先生がアドバイス。3人には「生徒のみんなも(これをやるのは)今日が初めて、みなさん同じスタートです」と励ましの言葉がかかります。ゆりやんはハサミの持ち方を先生に質問、ミライスカートの2人も真剣な表情で花を切っていきます。

先生のアドバイスを聞きながら花を生けていく

先生のアドバイスを聞きながら花を生けていく

思うように切れたら、次は習ったばかりの丁字留。ヒモを使って、しっかりと留めていきます。生徒たちの仕上がりを見て回り、手ほどきをする先生。真剣に耳を傾けている3人に「みんな初めてのときがあります。必ずできるようになるから」とやさしく話してくれます。

途中経過は三者三様

途中経過は三者三様。「動いて欲しくないところが動く〜」とゆりやん。ただ自分を表現できるところが面白い、と楽しんでいる様子です。しかしやり始めたときには30点と言っていた自己採点が、進むに連れ「20点に下がりました…」となっているのが気になるところ、れいにゃんは「授業を聞いてるうちに早くやりたくなったので楽しいです!」と満喫している様子。逆にまりちゃんは悩める表情で「むずかし〜」。小さな頃から決まったものを作るのが苦手だったらしく、教わったとおりにやるのが大変ですとコメント。とは言え「授業を受けたことで手順や方法がわかったので、がんばります!」と力強く話してくれました。

3人はもちろん、生徒の皆さんもみな真剣な表情

3人はもちろん、生徒の皆さんもみな真剣な表情。時間を忘れて、花に没頭しています。途中にも先生は、生ける際に取る葉の量や瓶に入れるときの注意点などなど、的確なアドバイスを与えていきます。

自分の作品を前にして

楽しくてハマりそうです、と華道に目覚めた様子

さて、いよいよ各自の作品が完成しました。「先生が全部やってくれたので、それをマネしました」と正直に告白したのがゆりやん。と言いつつ、楽しくてハマりそうです、と華道に目覚めた様子。

二人の作品も完成!

「150点!」と大満足なれいにゃん。「最近ほめられることが少なかったんですが、今日は先生に少しほめてもらえました」とすごくうれしそうです。「シンプルにしようと心がけた中にも、太い茎の花を使って、強く伸びていくというのを表した」とのことで、満面の笑みを見せてくれました。対照的だったのがまりちゃん。「…やっぱりむずかしかった」と大変だった様子。点数を聞いてみると「2点です」と落ち込んでいるよう。しかし「今は2点でも、次は100点を出せるようにがんばりたいです!」とポジティブな気持ちは忘れていません。花言葉やなぜこの花を使うのかという意味を知ることでもっと楽しくなると思う、と前向きに話してくれました。

3人で先生を囲んで少しだけトークの時間も

授業終了後、3人で先生を囲んで少しだけトークの時間も。今回の3人の様子を見て、先生の感想は「一生懸命やっていましたよ」。そして各自の印象としては、ゆりやんは「楽しんでいた」、れいにゃんには「お花が好きそう」、まりちゃんは「少し不安だった?」と語りかけます。さらに、少しずつやっていけばいい、と優しいアドバイスも。ゆりやんは「先生がめっちゃ面白かったです。私が華道やってたら一生付いて行きたい」と熱いラブコールを送ります。華道をしている間はお花のことだけを考えている、その時間がすごく素敵だと思った、とれいにゃん。自己分析では自分は不器用とのことですが、「華道の楽しさが伝わってきたし、もっとうまくなりたい」とやる気をみなぎらせていました。まりちゃんは「先生は立ち姿も凛としてて、華道を続ければ姿も美しくなるのかな、と思いました」とコメント。今回は参加していない、なっちゃん!とじゅななもすごくやりたがっていたとのことで、今度は4人でやってみたい!と話してくれました。

初の大覚寺にご満悦の、ゆりやんレトリィバァ

初の大覚寺にご満悦の、ゆりやんレトリィバァ

ミライスカートの2人がゆりやんを大覚寺に案内しました

先生とのトークのあとは、ミライスカートの2人がゆりやんを大覚寺に案内しました。「めったに京都に来ることがない」というゆりやん。大覚寺を訪れるのも、もちろん初めてのこと。そのスケールに「殿様になった気分」「ここが実家ならいいのに」とご満悦です。

華道の心が芽生えた、ゆりやんレトリィバァ

華道の心が芽生えた、ゆりやんレトリィバァ

さらに「いけばな嵯峨御流」の作品が飾られているのを見たゆりやんは「今日習ったことが作品に生かされている気がする」と鋭い審美眼(?)を披露します。

大覚寺の美しさを全身で体感中

3人ともその美しさにうっとり

これまで大覚寺に何度か足を運んでいるミライスカートの2人も初めて訪れたのが、大沢池のほとりに建つ「望雲亭」。部屋からの眺めはまさに絶景で、3人ともその美しさにうっとり。ほかにも、五大堂や村雨の廊下、玄関門など、敷地内のあちこちを見て回り、散策は終了しました。

ふたりとも「大好きです!」とゆりやんにラブコールを送っていました

今日の感想として、ゆりやんは「ミライスカートの2人に楽しませてもらいました」と笑顔。れいにゃんが「女性芸人の方と初めてご一緒したんですが、すごく楽しかったです」と話せば、まりちゃんも「本当に面白かったです。(ゆりやんをセンターに)ずっといっしょにやっていきたいと思いました」とコメント。ふたりとも「大好きです!」とゆりやんにラブコールを送っていました。

華道に魅せられたミライスカートに今後も期待!

これまで以上に華道に興味が湧いてきたようです

ミライスカートの2人は、4月の「華道祭」に続いて、今回は華道の授業を体験。その奥深さに触れ、これまで以上に華道に興味が湧いてきたようです。「すごく楽しかった」とウキウキのれいにゃん、次の機会にリベンジを、と燃えるまりちゃん。さらになっちゃん!、じゅななも加わって、これから何か始まりそうな予感も…。ミライスカートから目が離せません!

【ミライスカート】【ゆりやんレトリィバァ】
【ミライスカート】【ゆりやんレトリィバァ】

●大覚寺カフェとは?
チュートリアルの二人が店長&シェフを務める架空のカフェ。
普段はWEB上にのみ存在しますが、そこで開発されたスイーツが実際に販売されたり、期間限定でイベントに出店したり、さらに、華道の魅力にすっかり魅せられたミライスカート。大覚寺カフェにも新たな展開が・・・!?
今後も大覚寺カフェから目が離せません!
http://daikakujicafe.com/

●いけばなを始めてみませんか?~いけばな発祥の地で学ぶ~
日本古来の伝統のいけばなである「いけばな嵯峨御流」
いけばな嵯峨御流HPはコチラ→ http://www.sagagoryu.gr.jp/


大覚寺カフェ 大覚寺カフェ
×