ミライスカート、女と男・和田ちゃんが “いけばなの基礎”を体験!

大覚寺カフェHOME
写経サークル「哲夫塾」 いけばなサークル「いけばなスカート」 ツイッターとインスタをはじめました
  • Twitter
  • instagram
大覚寺カフェご来店者様リスト 大覚寺 京都嵯峨芸術大学

ミライスカート、女と男・和田ちゃんが “いけばなの基礎”を体験!

「旧嵯峨御所 大本山 大覚寺」の魅力をもっとたくさんの人に知っていただこうと2015年6月に立ち上がった「大覚寺カフェ」。2年目を迎えた今年6月、「絶品スイーツを企画・販売する場所」だけでなく、「もっと、みんなが集いたくなる場所」にするべく、「大覚寺カフェ」にふさわしい、2つのサークルを立ち上げました。

「ミライスカート」のメンバーを中心としたいけばなサークル「いけばなスカート」

そのうちの一つが、アイドルグループ「ミライスカート」のメンバーを中心としたいけばなサークル「いけばなスカート」です。大覚寺のいけばなは平安時代、嵯峨天皇が大覚寺の大沢池のほとりで菊の花一輪をいけられた事に発祥。「いけばな嵯峨御流」は、嵯峨天皇の自然や草木に対する慈しみの心が礎になっています。

4月にはミライスカートに加え、ゆりやんレトリィバァも参加して京都嵯峨芸術大学・京都嵯峨芸術大学短期大学部で行われている華道の授業を体験。リーダーのまりちゃんと、れいにゃんとともに初めてのいけばなを体験しました。

いけばな体験に、女と男の和田ちゃんも参加!

いけばな体験に、女と男の和田ちゃんも参加!

そして6月24日、「いけばなスカート」となっては初となる華道の授業体験がありました。参加者はミライスカートのまりちゃん、れいにゃんに加え、今回は女と男の和田ちゃん。和田ちゃんは初めていけばなを学びました。

ミライスカートのまりちゃん、れいにゃん

始業前、学生さんたちにご挨拶を。「テレビでよく拝見しています」と先生に声を掛けられた和田ちゃん。初参加で少々緊張している様子に先生が、「今日はみんな初めてのことを学びますから」と優しく緊張の糸をほぐしてくれました。

いけばなの歴史と基本を学ぶ三人

授業は座学からスタート

授業は座学からスタート

授業は座学からスタート。いけばなの歴史から始まり、この日学ぶ「生花(せいか)」という生け方の基本を学びました。3本の草木を使って「天地人」を表す「生花」。弓張りを表すため草木を曲げることを「ためる」と呼びます。「気持ちをお花にためてください」という先生の言葉に、「ためます!」と気合を入れる和田ちゃんでした。

真剣に耳を傾け、メモにとって聞いていました

「生花」では天を体(たい)、地を留(とめ)、天と地の間にある人を用(よう)を呼びます。そこに体の前に添える体の前添(たいのまえぞえ)、用に添える用添(ようぞえ)を加え、合計5本の草木で1本の草木を表現します。生花は品格を求め、基本に忠実にいけることが重要。「今日は型にはめ込み、美しい姿になるようにしてください」との先生の言葉に、まりちゃん、れいにゃん、和田ちゃんは、真剣に耳を傾け、メモにとって聞いていました。

いよいよ、いけばな実演へ

バランスを見ながら長さを決めます

そして実演へ。使用したお花はリアトリスという夏のお花です。花器に合わせて寸法を取り、バランスを見ながら長さを決めます。弓張りの美しい姿を作るため、両手でしっかり握って慎重にためていきます。

両手でしっかり握って慎重にためていきます

「(リアトリスの色と和田ちゃんのタイツの色が)同じ!」と和田ちゃんにお声を掛ける先生、和田ちゃんも「合わせてきました!」と元気よく返すなど、時折笑い声も響きます。

「いい緊張感の中でやらせてもらっています」と和田ちゃん

座学で真剣にメモをとっていたまりちゃんは「学生の頃を思い出します」とのこと。そして「型どおりにやってみようと思います!」と意気込みました。れいにゃんは「変化も楽しんでできたら」とリラックスした様子。先生の見本をじっと見たり、質問をしたりしながら生けています。「いい緊張感の中でやらせてもらっています」とは和田ちゃん。手際よく、すばやい判断でスピード感ある生け方が印象的でした。

力が入りすぎると草木が折れてしまうため、慎重さが求められます

今回、最も重要だった草木を曲げる作業。いわゆる「ため」は、力が入りすぎると草木が折れてしまうため、慎重さが求められます。じーっと力を入れてためていたれいにゃんですが「ポキッ!」という音を響かせて、「あ…」と絶句。図らずも折ってしまいました。「前回は不器用でもキレイにできたので今日もできると思ってたんですが、不器用なところが出てしまいました…」とやや反省モード。まりちゃんも「集中してます。大雑把で大胆なところがあるのでためは苦手です。先生の見本みたいに1本の草木のように見えなくて…。あの感じはどうやったらいいのかな…」。ちなみに、まりちゃんも1本、折れてしまいました。

花嫁修行の一環として取り組む和田ちゃん

これ(生花)って、覚えたら姑さんにポイント高いパターンですよね!?

一方、初参加の和田ちゃんは「これ(生花)って、覚えたら姑さんにポイント高いパターンですよね!?」とうきうきした表情。どうやら花嫁修業の一環としても取り組んでいたようです。そしていけばなについてあれこれと先生に質問を。「こんなアレンジはしていいんですか?」と独創的なアイデアをどんどん提案していました。

約1時間の実習が終了

約1時間の実習が終了。最後は先生に確認してもらって、「生花」の生け方を習得しました。

本日の授業の感想を先生と一緒に

授業終了後、先生を交えてお話もしました

授業終了後、先生を交えてお話もしました。まずは先生に授業の雰囲気を振り返ってもらいました。「(いることを)忘れるくらいでしたね、お静かに、一生懸命に取り組まれていたので。和田ちゃんは初めてなのによく入っていました。今日はほんまの基礎なので、あれを覚えたらちゃんと入ります。」

2回目のいけばな体験のまりちゃんは、「前回は授業自体が久しぶりで、先生の話を聞いてその通りにするという感覚を失っていてめちゃくちゃやったんですけど、今日はちゃんとメモも取って取り組んだので、最低限のことはできたかなと思います。花を曲げるとき、力加減が分からず1本折れてしまいました」と、ややしょんぼり。ですが、「折ったらいいんですよ」という先生からのアドバイスに表情も晴れやかに。「折らないと覚えないので。失敗しながら覚えるので、気にすることはないですよ」と先生。こちらのアドバイスに3人は大きくうなずいていました。

れいにゃんは「5本の花を1本に見せるっていうのが難しくて、心が乱れてるのかなって反省しちゃうくらい難しかったです。前の瓶花は不器用なわりに思い通りにいった分、今回もうまくいくかなと思ったんですけど、奥深いし、難しいものだなと。でも楽しかったので、今回もちゃんとできるようになりたいです!」と楽しかった模様。月や舟の形をした花器にも取り組んでみたいと意欲的でした。先生曰く、それらの花器をマスターするには、月に4回習うペースでも10年以上はかかるそうです。その道のりに「遠いですね…! すごいです!」とますます目を輝かせるれいにゃんでした。

いい花嫁修業になりました。

そして初めての和田ちゃんは、「いい花嫁修業になりました。今後、姑さんとか怖くないなと。(姑さんの前で)“ためる”とか言ってみたいです。でも知り過ぎていてもダメなんですよね。かわいげがないと思われるから。まず、力入れ過ぎて折ってみたりとかして…」と嫁ぎ先での一幕を妄想。「この人できるなって思われますよ!」と先生もそんな和田ちゃんを支援されていました。

お花の命を無駄にしないようにしないといけないと思いました。

和田ちゃんは続けて「お花の命を無駄にしないようにしないといけないと思いました。先生が授業でおっしゃっていたように、お花を切っていける中で、次に咲く花を咲かせるものもあって。でも、本来やったら5回咲かせる花が2回しか咲かなくて、3回に減ったり。そのチャンスをいかに生かしてきれいにいけてあげるか…。あと間引くことも、メインがきれいになるのであれば仕方のないことなのかな…」と振り返りました。その言葉に「それを学生さんに聞いてもらいたい!」と先生、感激されたご様子。ちなみに、和田ちゃんは人生で一番真面目に授業を受けたそうです。

気になる本日の自己採点は?

自己採点もしてもらいました

自己採点もしてもらいました。まりちゃんは4点。「今日は4点です。前は2点だったので倍です。ポジティブな4点です!」。れいにゃんは60点。「難しかったです。お花を折っちゃったのがダメだなと思って。まだうまくなりたいので、伸びしろを残して60点です」。和田ちゃんは87点。「“はな”です(笑)。優しい気持ちになれました。こういうところを男性に見てほしいですよね!」。

草木への感謝の気持ちも芽生えていたようでした

そんな和田ちゃんの願望に「いっぱい写真を載せてもらいましょう!」とれいにゃん。「お花を曲げようとしてためてるところだったら、逆に力強く見える!」と和田ちゃん、笑いを誘いました。

最後に、「いけばなは、花の一番きれいな時を使わせてもらっている」と先生。その言葉を耳にした3人は「ああ!」と感心している様子、草木への感謝の気持ちも芽生えていたようでした。

和田ちゃんを引き連れ、大覚寺へ

いけばなを終えて3人は大覚寺へ

いけばなを終えて3人は大覚寺へ。あいにくの雨だったので、大覚寺の中をまりちゃん、れいにゃんが案内しました。

まずは花器の展示場へ

まずは花器の展示場へ。授業で使用した教科書に出ていた花器を見つけると「これあった!」など楽しそう。「月の器は?」と和田ちゃん、みんな月型の花器に惹かれており、いけばなへの興味がますます高まっていました。

樹齢300年とも400年とも言われている南天の木に「わ~!」と感激!

朱塗りの霊明殿に踏み入れると、またまた感激

続いて村雨の廊下を通って、お庭を見ながら霊明殿へ。途中、樹齢300年とも400年とも言われている南天の木に「わ~!」と感激! そして朱塗りの霊明殿に踏み入れると、またまた感激。3人とも静かに喜びをみなぎらせていました。

ぬれ縁に設置されている茅の輪くぐりを見て「やりたい!」と和田ちゃん

絵馬に似た「はなびらむすび」ではお願い事を書いて奉納

そして大沢池ほとりの本堂、五大堂へ。ぬれ縁に設置されている茅の輪くぐりを見て「やりたい!」と和田ちゃん。ですが、大降りの雨に断念しました。絵馬に似た「はなびらむすび」ではお願い事を書いて奉納。本堂ではご本尊を参拝をしました。

和田ちゃんのメイクにも興味津々です

ここで小休憩へ。「チークは何を使ってるんですか?」とまりちゃん、和田ちゃんのメイクにも興味津々です。そのうちメイクやヘアアレンジなど、女子トークで盛り上がります。れいにゃんも和田ちゃんを「上野樹里さんですね!」とニコニコ。和田ちゃんを囲んで、笑いの絶えない時間となりました。

大覚寺カフェの看板下で記念撮影

大覚寺カフェの看板下で記念撮影

チュートリアルの等身大パネルもある大覚寺カフェの看板の下でも記念撮影を。お隣の売店では、竹で作られた印鑑を探す和田ちゃん。「あ、売り切れてるー!」とがっかり。「一文字の印鑑もかわいいですよ」と店員さんに促され、ワイワイと楽しむ3人でした。

【ミライスカート】【ゆりやんレトリィバァ】
【ミライスカート】【和田ちゃん】

●いけばなを始めてみませんか?~いけばな発祥の地で学ぶ~
日本古来の伝統のいけばなである「いけばな嵯峨御流」
いけばな嵯峨御流HPはコチラ→ http://www.sagagoryu.gr.jp/


大覚寺カフェ 大覚寺カフェ
×